what's HH?



Hush Harborとは現在のブラックゴスペルのルーツであるSpirituals(黒人霊歌)が生まれた場所だといわれています。



・ゴスペルのまさに源泉であった場所、Hush Harbor
その場所をシンボルに、ゴスペルの歴史から音源、様々な情報を紹介するために、このweb siteを2000年に立ち上げました。

・また、webmasterでもある私、塩谷達也 (Shioya Tatsuya)の公式ホームページでもあります。



profile

shioya picshioya picshioya pic


塩谷達也
Shioya, Tatsuya
ゴスペルシンガー、ソングライター、クワイアディレクター、プロデューサー


国際基督教大学(ICU)教養学部卒。黒人文化(African American Studies)研究のためにニューヨーク市立大 (City College of New York)留学中に、「こんなに上手にゴスペルを歌うアジア人は初めてだ。次は“君の歌”を聴かせてくれ」と言われ「自分の音楽をつくろう!」と決意。City College of New YorkではMusic DepartmentでShiela Jordan、Lilias Whiteらに師事し、ジャズ、ポップ・ヴォーカルを学んだ。大学在学中はバンド活動のほかに黒人霊歌も歌う。

帰国後、大学の音楽サークル仲間を中心に「LOVE CIRCUS」を結成する。吉祥寺・下北沢を中心としたライヴ活動が注目を集め、アルバム『LOVE CIRCUS』で、インディーズ・デビュー。外資系ショップを中心に好セールスを記録する。'97年にソニー・レコードと契約、2枚のマキシ・シングルをリリースした他、メジャー、インディーズ合わせて、4枚のオリジナル・アルバムを発表。スピリチュアルな歌声を持つシンガーとしてだけでなく、ソングライターとしての独特な世界観も、幅広い層から支持されている。'99年から西武コミュニティカレッジで人気講座「塩谷達也のゴスペルワークショップ」の講師を務めるなど、音楽活動と並行して、ゴスペルの「紹介者」としても活躍。

'01年7月にはレーベル「GOOD NEWS」を設立、アメリカの第一線のR&B/ゴスペル・ミュージシャンをオーガナイズし、7枚のアルバムをリリース。ゴスペル音楽の魅力とエッセンスを伝える作品は、コアなブラック・ミュージック・ファンだけでなく、幅広い音楽ファン層に受け入れられ、ロングセラーとなっている。
主宰するウェブサイト「Hush Harbor」はゴスペルに関する資料、情報として信頼度が高く、Yahooなどでお勧めサイトに選ばれるなど、メールマガジンと合わせて、既にインターネット上でデフォルトの地位を獲得している。'03年秋には、それらの内容に加えて、ゴスペル・ブームからゴスペルの歴史、CD、クワイア情報に至るまで、対談なども交え、独自の視点でゴスペルにせまる「ゴスペルの本」を上梓。
'05年秋、初の2枚組ソロアルバムとなる『琴音』をリリース。

また、ゴスペル・クワイア指導、教会でのコンサート、メディア出演など幅広く活動中。 1998年に信仰を持ち、洗礼を受ける。現在、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・中央福音教会会員


●教会などでのコンサート、ゴスペルワークショップのご依頼はこちらまでご連絡ください。


home/what's nu?/history/cd/info/mag/lyrics/Jesus/goodnews/gospeltour/live