logo


logo



logo


091804 be like them


さっき、シャワー浴びてたら思い出した。先月末に青山円形劇場に朝崎郁恵さんの唄を楽しみに行ったんだけど、そこでしびれたのが新良幸人(あらゆきと)from パーシャクラブのパフォーマンスであった。シャワーで思い出したのは、俺はやっぱりねじれのあるうた、なんというかソウルなのかなあ、そういうあふれだしてしまう唄や叫びが好きなんだわ、ということ。シャワーを浴びていると、ものすごい細かいこととか、脈略のないこととか、いろいろ錯綜するんだよね。

SLOW DIDIのライブもよかった。僕が参加するとそれだけで、20〜30分も必要になり時間が足りなくて今回は、踊りつつ観る。SLOWDIDI直後の、calmの直球な選曲にあおられ、ひさしぶりに結構踊りました。聴く分にはいろんなのが好きだけど、踊るんなら、ビートは重くて、唄で上がるハウスものには抗えません。

天気よくならないかなあ。


091804 be like them




久しぶりに公園に行った。しばらくダラッとして、公園のなかの美術館のヨルダン展とかいうものに入ろうとしたら、ロビーの受付に国会関係者とかいう札があって、スーツの人が携帯で話していたりする。タンクトップに短パンで首からタオルを提げて、怪しい髪型をしている俺のことをみんなが見ている。まったく気分わるいなあと思って出たら、その次の日から始まる展示だった。まあいいよ、と思って歩いていたら、猫がいるではないか!しかも二匹も。しかも子猫。ベンチでじゃれている猫たちのとなりで、かなりご高齢のおばあちゃんが猫を撮影している。このおばあちゃんかなり本物。身体を傾けたりしながらアングルを色々試している。俺は猫の息吹を感じようとベンチの横に座ると、正面におじさんがどこからともなく現れ、猫たちのスケッチを始めた。左の写真がその猫のかたわれです。もしゃねこです。目と鼻が病気でくちゃくちゃになっているけど、しっかりしたいい手をした猫だった。白黒もしゃ猫です。もう一匹が黒猫でこれもまた可愛かった。もしゃより一回りちっちゃくて、じゃれている。あやまって画像を消してしまい残念。

おばあちゃんが満足してお帰りになり、おじさんもいなくなり、猫を見ていて思った。「カリカリを持っていればよかったなあ!」というのもあるんだけど、彼らの毎日と、あの生にまっすぐイノセントでありながら、油断もしていない立ち姿にいろいろ思ったのである。

そして、右の写真は籐のかごで寝ているうちの猫たちである。いつも使っているバッグの上で二匹が寝るようになり、茶色いバッグが白くコーティングされてきたので彼らには寝る場所を考え直してもらった。簡単に考え直してくれたようだ。家の中で飼われてる猫だって我々に比べれば、はるかに、生にまっすぐイノセントでありながら、油断もしていない立ち姿を見せてくれる。うーん、気持ちいいね。


091504 getting over a sticky cold


先週、某高校の依頼で、相模原市民会館にてゴスペルライブ/レクチャー/ワークショップをやりました。全校生徒の前で歌ったんだけど、面白かった。
あとから、ある先生に聞いた情報ではひとりの問題児が一生懸命聴いていて、びっくりしたそうです。長いこと人前で唄ってて思うけど、つくづく反応ってのはすべてではないと思う。その時はつまらなそうに見えた客の魂にいつまでも唄が残ってて、その人の人生を変えたり、ガンガンに盛り上がってて、その場限りで楽しんで忘れちゃう客もいたり。いいわるいはない。まあ、そこからは僕の仕事じゃないね。伝えようと自分が一番感じてるうたを、感じたままに歌うのが僕の仕事だから。それにしても、声が出てよかった。前日まで風邪をこじらせ熱を出して寝てたんだよね。人間の身体はすごい。本番になるとMagic Juiceが分泌してきて、僕の声帯を潤すんだよ。ステージを降りるとまたガラガラ声に。

あの時から3年目の9.11。見えない人の欲望とエゴと権力がぶつかり合って、今日もどこかで人が死んでいる。恐ろしいことほど単純なことなんだ。それをひた隠しにするのに、ものすごい労力を使ってる。疲れるドラマだね。役柄としては右に行ったり左に行ったり振り回されるわけなんだけど、自分の魂の国は天にあると思えば、重心も低く保てるってもんだ。僕らだって小さな毎日の時間の中で、欲望とエゴと権力をぶつけ合ってるような気がする。人が死ぬかわりに、お互いの心を傷つけ合ったり、目を伏せてやりすごしてみたりね。現代人にとっては、現実にちゃんと向き合っていけるだけでも、たいしたもんだよね。soul力の見せ所だ。

今週から来週にかけてやっと一段落できて、のんびりしようと思っています。部屋の掃除とか、公園行って走ったり…。半年ぶりくらいにビデオも借りてみました。4本カウンターに持っていったら、もう1本借りた方が安いっていうので、5本も!何借りていいのかイマイチわからなかったので、Saturday Night Liveの15周年ビデオやMatrix、アルメニア人の映画とかバラバラと。


090204「J.A.H.Z.」


先日、日曜夜、shioya [J.A.H.Z.]やりました。
気持ちよかった。
純粋に自分の中のVISIONをかたちにする作業としては、初めの一歩でした。
でも、なかなかいいものが生まれてたね。
いいもダメもひっくるめて自分のVISIONにぐいと引き込む、このタフさはいつまでも持ち続けていたいね。そうじゃなきゃ続かないんだけど(笑)。

次も頭の中では、色々アイデアが浮かんでるんだけど、一回真っ白にするよ。
shioya [J.A.H.Z.]では自分に素直なことしかやらないので、みんなも期待してください。いっしょにその瞬間瞬間を楽しもう。

こないだ来て、いい!と思ってくれた人達は、今度は他の人にも言いふらして連れてきてね。Spread around the Good News! 独り占めにしないように。

ジャパン・アフリカン・アメリカン・友好協会(JAFA)ってものがあるって知ってた?
「日本人とアフリカ系アメリカ人がそれぞれの文化を理解し、文化的活動を共に行える環境を与えるのが我々の重要な活動の1つ」なんだって。
それってかなり僕にビンゴだよねえ。と思うのだけれど、知らないうちに、そこのWEBでHush Harborがアフリカン・アメリカン・カルチャーを知るサイトとして紹介されてました。びっくりだけど、うれしいよね。なんか一緒にやりたいくらいだよね。


081704「オリンピックのサッカー観た?」


shioya [J.A.H.Z.]のリハは、バンドセクションを終え、SLOW DIDIをフィーチャーするセクションへと進んでいます。SLOW DIDIとは、国内外で絶賛された彼のファーストアルバム「What You See In Soul Is Rainbow」(Music Conception)のM-4、僕の祈りが唄へと変わっていく16分にも及ぶ "Real Praya" でコラボレートしました。深いです。彼のトラックとドラムとパーカッションのバトル。生ピアノも交えた中で気持ちよく歌います。そしてライブの後半を担う、生ピアノのsoul brother那須敬とのDUOセッションもいい感じです。このDUOでやるときにはココロを委ねられる独特のスポットが生まれるのであります。8月29日夜に、こうご期待。

どうでもいいけど、電車の中で図解付きの医学書を何気なく読むのはやめて欲しい。疲れて帰りの電車に乗ってたら、視界にとびこんできたのは、指が切断された写真。前の人がどうやら救急医療の専門書を読んでいるらしい。やめろよ。家帰って読めよ。彼の肩叩いて、一言もの申そうと思ったがやめた。テレビの手術シーンだって絶対見ないんだから、おれは。かなりがつんとやられた。

今日Freshness Burgerで食べたハモンセラーノサンドはうまい。


081104「代表強くなったんじゃない?」




アジアカップ気持ちよかったね。あのブーイングの中、チンチンにやっつけるというのが、ま、理想だからね。というか中国人はサッカーを見る感じというのがずれてて面白い。他国の目とか考えてないもんね。北京オリンピックあるけど、たまに世界基準じゃないオリンピックもいいんじゃない。めちゃくちゃだーね。

先日、8.29.shioya [J.A.H.Z.]のリハが始まりました。長いリハにも関わらず、予定通り行きました。感謝。前半のバンド部分を触っていったのですが、その辺りのイメージは、朝の雨が上がっていって、日が差してくる、そして日の入りまでいった感じです。こうご期待。

上にあるのは、うちのあほねこ2匹の写真 in summerです。


080604「人知れず復活のゆえ、ヨロシク」




春にレコーディングに参加したbayakaのニューアルバムが完成(画像左上)。Picasso man名義でタイトルは「Overthrow Stereotype」。9月10日にplanetgrooveよりリリース予定。2曲、詩曲とVocalで参加しました。やりたいように歌わせてもらいました。リリースパーティーが9月10日に六本木のsuper deluxであるそうです。僕もでる予定。

昨年末、オーチャードホール3days、今年始め名古屋大阪と今井美樹さんのツアーのサポートをさせてもらったのですが、アルバム、DVDがリリースされていますね。アンコールをがんがん盛り上げるという、とってもおいしいステージでした。Life is beautiful参加。

いよいよ8.29.shioya [J.A.H.Z.]のリハが始まります。どんな風になっていくのかここでも書いていきます。こうご期待。みんなこのライブは見逃さないでね。

have a nice weekend!


BACK TO present

BACK TO 2003
BACK TO 2002 SPECIAL
琴音 April 2002〜 >
琴音 December 2001〜March 2002 >
琴音 June〜October 2001 >
琴音 April 2001 >
琴音 December 2000〜March 2001 >
琴音 in the real past >