vol5

fromshioya



 僕が、初めて教会で歌ったのはクリスマスでした。
まだ洗礼も受けていなかった僕に、キャンドル・サービスの特別賛美をゆるしてくださった母教会の牧師夫妻、
教会員の皆さんに今でも感謝しています。

 あの時の、震えながら神の御前に立つ畏れと、ただ主に向かって歌おう、という決意が、僕の賛美の原点。
 それは今でも変わりません。賛美をする時に、僕の目の前から聴衆は消えてしまいます。
 本当に僕はエンターテイナーではなく、ゴスペルシンガーだと、自分でも思います。

 キャンドル・サービスの真っ暗な礼拝堂に、一本一本キャンドルが灯ってゆく光の輪の中に立ち、
 闇の世界に光であるイエスが来てくださったことに貫かれた瞬間を忘れません。
 クリスマスを想う時、僕はいつも、キャロルが歌われる前の、静まりかえった礼拝堂に灯ってゆくキャンドルを見るのです。
 その時、みことばの真実がせまってきて、ただただ感謝があふれてきます。

この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。
光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。(ヨハネ1:4,5)  

あれから、敬と二人でいくつものクリスマスの賛美を重ねてきました。
また、ソロで、バンドで、クワイアで、レコーディングで、本当に様々な場所で、クリスマス賛美の時が与えられてきました。
けれども、どんなに華やかで大きなクリスマス・コンサートにおいても、賛美が始まる前の、
暗闇にキャンドルが灯る瞬間の、あの言葉で言い表せないほどの喜びを胸に刻んで賛美したいと思っています。  
イエス・キリストと共にいる僕のクリスマス体験は、20代後半からだったけれど、
敬は僕と違って小さい時から教会学校に行っていたから、また違ったクリスマス体験があるはずだね。  

shioyasign




また子ども時代の話になるけれど、小さいころは「もういくつ寝るとクリスマス」、こればかり考えていた少年だったよ。
毎年12月24日の夜に教会で行うキャンドル・サービスは、教会っ子にとっては年最大のイベントだった。

 ところが、イギリス留学中に通っていた教会(10月号参照)は、クリスマスを祝わなかったんだ。
 牧師はクリスマスという言葉さえ口にしなかった(しかも僕は彼にカードを送るという失敗をやらかした)! 
 牧師いわく、12月に聖誕を記念する根拠は聖書にないし、そもそもキリストの誕生を年に一度だけ大騒ぎして祝うようでは、
 クリスチャンとして不十分なのだ。いつも感謝せよ。(と言うことは「一年中がクリスマス」?これなら子ども時代の僕も賛成しただろう。)

 なかなか厳しい指摘だ。けれど音楽に目を向ければ、この問題を考える助けになるように思う。
 なぜなら、クリスマスは人を音楽的にさせるから。
 ふだん歌なんて歌わない人も、クリスマスに教会に来るとたくさん賛美歌を歌わせられるでしょう。
 ヨーロッパの教会音楽史を眺めれば、キリストの受難にかかわる楽曲がとても多いことがわかる。
 だけど、信徒に親しまれていた民謡などでは、クリスマスの歌は非常に多い。

 このようにクリスマスに満ちている歌声は、キリスト降誕の神秘に言葉を失う「沈黙」と組み合わせてはじめて意味を持つのだろうと僕は思う。
 わざと教会の中を暗くしてキャンドルを灯すのも同じこと。

 忙しくて、しかし実は同じことの繰り返しという単調な毎日を過ごしている僕らは、
 残念ながらキリストがいることの不思議さ、その偉大さを見失いがちになる。
 それを闇と光の、静寂とメロディーの極端なコントラストの中で際立たせ、回復する特別な時間として、クリスマスはあるんだと思う。
 これはつまり、shioyaの言うように、ゴスペル音楽の原点なんだよね。

keisign