vol4

fromkei


   僕のゴスペル原体験は、子供のころ父が好きでよくかけていたマヘリア・ジャクソンのレコードなんだ。
『Newport 1958』と『In Concert』だったと思う。言葉を覚える前の僕はオムツをしたまま、
ほっぺたまで覆う巨大なヘッドフォンをヘルメットみたいに被って、
A面からB面、B面が終わるとまたA面と、いつまでも聞いていたらしいよ。
改めて「これはすごい!」と思ったのは、大学生になってからだけどね。

 彼女のバンドはシンプルな構成だけど、すごくグルーヴィーだね。
 長年マヘリアとコンビを組んでいた女性ピアニスト、ミルドレッド・フォールズの骨太な演奏には今もあこがれる。
 そしてマヘリアの声。
 なんと形容したらいいんだろうね、
 人生百年分の重みが解き放たれるような、ものすごいエネルギーを感じる。

   『Newport 1958』は同年に開かれたジャズ・フェスティバルでのライヴ録音。
   映画『真夏の夜のジャズ』であまりに有名。
 大人になって改めて見てみたら、これまた凄いジャズ映画なんだよね。
 モンク、オデイ、アームストロングと、スーパースターが目白押しで、誰が見ても興奮する。

   その大トリに現れるのがマヘリア。
     観客も朝から晩まで歌って踊って、とっぷり日が暮れた最後に、
 「皆さん、今日は日曜日です。
 世界で最も偉大なゴスペル・シンガー、マヘリア・ジャクソン女史を迎えましょう」
 とアナウンスが入る。
 日本のクリスチャンはここでもう涙。
 自信と希望に満ちた明るいアメリカをこのゴスペル歌手が代表しているように見えて、
 父の世代は慰められたんじゃないかと思う。

   でも、マヘリアがここまで有名にしたゴスペル音楽が
   、数百年前のアメリカの黒人奴隷やその子孫たちの苦悩の歌(スピリチュアル)から生まれたことも忘れちゃいけない。
 ニューポートの夏から半世紀が経って、明るさに乏しく感じられる現代だからこそ、
 マヘリアの音楽はますます輝きを増すのかも知れないね

keisign




大学2年か3年の時、敬にマヘリアを聴かせてもらった。
マヘリアの歌は、とてもブラック・ミュージックの枠に押しとどめられるようなものではなく、
その頃ブルースを歌っていた僕には、初めて出会ったどう表現していいのかわからない歌だったと思う。
まるで聖書のメッセージに初めて出会った時みたいだね。

 それでもマヘリアの歌に惹かれ、敬のピアノで彼女の愛したゴスペルを何曲も歌ってきたけれど、今、初めてマヘリアの歌がわかる気がしてる。
 マヘリアの、あの子供のようなまっすぐな声、聖霊に触れられて突然ならすクラップ、小節を跨ぐうめき、そういうことの意味がわかるんだ。
 彼女が聴衆に向けて歌っているのではなく、主に向かって歌っているということも。

   最近、僕は自分の部屋で一人歌っていて涙がこぼれてくる。
 悲しいからではなく、主が近づいてくださって、主が聴いていてくださっていることがわかるから。
 マヘリアは、周りから見たら決して恵まれた幸せな人生を送ってこなかった。
 貧しさ、離婚の経験、様々な批判。しかし、それらの試練の上に、主は姿を現される。
 彼女を見ていると、火のような困難こそがゴスペル・シンガーを育てるんだなと思う。そして、そこに神の愛があるんだね。
 まっすぐに主に歌われるゴスペルは、必ず人にも伝わる。
 マヘリアの歌は、ヨーロッパを始めとして日本でも受け入れられたんだから。

   「My God Is Real」という彼女の歌を僕は大切にしている。

「僕たちには、人生においてどうしてもわからないことやたどりつけない場所がある。
でもひとつだけ。僕の信じてる神はほんとうだということ。それだけは、魂が知っている。」

そんな意味の歌だ。

 どんなに大変なことがあっても、だれもマヘリアからこの喜びの歌を奪うことはできなかった。
 僕も今そう思う。僕が一人で神さまに歌っている時のよろこびは、だれにも奪えない。
 天国でマヘリアと歌う時を楽しみにしている。

shioyasign