vol3

fromshioya



 僕は、ゴスペルの洪水に包まれる黒人教会の礼拝も愛しているし、
オーソドックスな賛美歌が唄われ、魂の底にしずくが垂れてくるような母教会の礼拝も愛している。
 それは好きだとかきらいだとかのレベルではなく、
 そこで僕は自分にとって「いのちの源」である主に向かってぶち抜けられるから。
 ライフラインなんだ。

   ゴスペルを歌っていると、母教会でもゴスペルで賛美をしてると思われることも多い。
   また、ゴスペルの働きをしている友人から自分の教会でゴスペルがなかなか理解されない、という声を聞くこともある。
   うん、みんなそれぞれだね。

   でも大事なことはスタイルじゃない。そしてスタイルはひとつじゃない。
   この多様性や個性は神が僕らに与えてくれたもの。
   そして神は、その中から自分の魂がほんとうに響き合えるものを選ぶことのできる自由を与えてくれた。
   僕はその自由を大切にしたいし、全力で楽しみたい。
   だからこそ、その違いや混沌の中で、主にあってひとつになれる喜びがあふれだす。
   これはゴスペル・クワイアを指導していても思う。
   みんなが同じ顔をして、同じ場所から来て、同じ服を着て、同じ境遇にあるなんてあり得ないんだから。

       大切なことは、自分が主に向かってすべてを吐き出し、解放することのできるスタイルを求め尽くすことだと思う。
   渇いて、渇いて、そこに向かって、身を投げ出すことだと思う。
   そして、誰かがそれを見つけ心からそれを喜んでいるなら、それをリスペクトする。
   たとえ、自分のしびれるスタイルとは違ったとしても。  

       敬のイギリス留学時、ヨーク・ミンスターに案内してもらったよね。
   僕が信仰を持って間もなくのころだったけれど、そこで積まれてきた名もない人々の祈りの延長線に僕も立っているんだと心震えたのを覚えてる。
   そういえば、敬がイギリスで通ってた2つの教会も対照的だよね。敬もいろんな賛美や礼拝を体験してるんじゃない?  

shioyasign




礼拝のスタイルが多様で自由なのは神さまからの賜物なんだとクリスチャンが考えるようになったのは、比較的最近のことなんだ。
長い教会の歴史を眺めれば、その逆の考え方をしていた時期のほうが長い。
もっともふさわしい「唯一の」方法を巡って、キリスト教徒同士は絶え間なく争ってきたからね。
熱心さは、ともすれば自分のスタイルの絶対化を招くこともある。
今、いろいろな賛美の形を喜ぶことができるのは、教会が歴史から学んだ証しだと僕は思うよ。

イギリスは、礼拝の多様性の歴史を考えるにはいい国なんだよ。
僕が留学していたヨークにあったのは、250年かけて15世紀に完成したカトリック時代の巨大な大聖堂。
宗教改革の後は国教会のイングランド北部の中心となった。
今も美しいステンドグラスに囲まれて、トップクラスの聖歌隊による壮麗な様式の礼拝が毎日行われている。
地鳴りがするようなオルガンと、高い天井から舞い降りてくるような歌声を聞いて、なるほどこれは天国のシミュレーションなんだ、と思ったね。

一方、聖日礼拝に通っていたのは、30人くらいの小さな群れ。
歴史的に見れば、国家組織としての教会を嫌い、自発的に教会形成を始めた17世紀の運動の延長線上にある。
そこは独自の建物を持っていなかったから、学校の体育館やホテルの会議室を借りて礼拝をしていたね。
もちろん美しい装飾もないし、ペコペコした音のする電子キーボードで賛美歌を歌っていた。
でも小柄な牧師から出るめらめらと燃えるような力強い説教に支えられて、僕はきつかった留学を乗り切ったんだ。

世界にはまだまだ僕らの知らないいろいろな教会があって、それぞれが長い歴史の中でそれぞれの礼拝を、
ゴスペル・ミュージックを、真剣に追求している。
驚くような未知の教会音楽に出会うと、嬉しくなるね。
それは「なんでもあり」だからじゃなくて、
それらとの出会いが、自分の礼拝スタイルを見つめ直し、より豊かにしていくためのチャレンジとなるからだね。

keisign