vol2

fromkei



5月6日のドニー・マクラーキン師のコンサートはとても印象的だったよ。
僕はどちらかというと古くさいゴスペルが好きで、コンテンポラリー・ゴスペル音楽シーンをあまり知らなかったんだけど、
塩谷が前々から盛り上がってた意味がよく分かったよ。

圧倒的な歌の上手さはもちろんなんだけど、それにおとらず印象的だったのは、へりくだった姿勢、暖かい包容力、喜びが放射しているような笑顔。
そういう人柄が、豊かな音楽性と融合していたね。おお、これがゴスペル歌手だよ!と思ったね。語る言葉も牧師らしく説得力たっぷりだし、
誰でもすぐに心をつかまれてしまうような、稀有な伝道者だったね。

今回は、特別に日本で募集したクワイアのためのワークショップをマクラーキン師自ら半週間にわたって手がけて、
そのクワイアをバックにしてのライヴだったね。クワイアにはクリスチャンもそうでない人もいたようだけれど、
とにかくゴスペル好きにとってはたまらないイベントだったわけだ。こうやって集まった人々に、マクラーキン師はどんなインパクトを与えたのかな? 
shioyaはアメリカのブラック・チャーチの礼拝をよく見てきていると思うので、両方を見てどう思ったかも興味があるんだ。

というのも、ブラック・チャーチではゴスペルは人々にとってもっとも自然体の音楽で、言ってみれば「日常」なんでしょう? 
当然日本とは状況が違って、その文化的ギャップは小さくないなと僕は常々感じていたんだ。
にもかかわらず、マクラーキン師の音楽には、そういう差を乗り越えるパワーを感じたんだよね。
アメリカのブラック・チャーチで歌っている人たちにとってのゴスペルと、日本で「ゴスペルを歌ってみたい!」と思って
集まってくる人たちにとってのゴスペルの、架け橋のようなものが見えた気がしたんだよ。どう思う?

keisign  




アメリカの黒人達にとって、ゴスペルが日本でクリスチャンでない人達に愛され唄われているということはすごい驚きなんだ。
アメリカではクリスチャンが信仰の表現としてゴスペルを唄うのが当たり前だから、日本では教会の外でゴスペルが一人歩きしていると聞くと、
すごく励まされるって彼らは言う。そこに、ゴスペルの新しい力、神さまの計画を見いだしているんだろうね。

ちょっとしたブームもあって独自の発展を遂げてきた日本のゴスペル。
クリスチャンのミニストリーとして、音楽のジャンルとして、
この国ではいろんな要素が一緒になって存在している。

クリスチャンになる前からブラック・ミュージックは僕の一部だった。
自分の魂の表現として、理屈抜きにしびれる何か。
そしてゴスペルは、彼らの文化の一番濃い部分だってわかっていたから、そのスタイルを日本人が真似することには興味がなかったし、
ゴスペルは形じゃないって言い続けてきた。でも、いろんな葛藤の中で、ワークショップを継続していくうちに、
ゴスペルは日本人のために神さまが用意してくれたプレゼントじゃないかって思うようになってきた。

そんな中、ドニーのワークショップ。
そこで見たのは、上質のエンターテイメントでも、効果的なアプローチでも、熱狂でもなく、僕らの葛藤や疑問を超えた主の力だったと思う。
400人を超える人々が、理屈じゃなく、ただただ聖霊に覆われてひとつになる。
そして、その中心にいたドニーが、誰よりも子供のようにまっすぐに主を愛し、畏れ、賛美し尽くす姿。
何の言い訳も説明もないその背中は、神さまを知らない何百人もの参加者にとって、どんな解説よりもリアルにキリストを感じられた経験だったと思う。
僕がドニーから学んだのは、キリストを伝えるものは一人の子供のようにキリストの前に立つ、ということに尽きる思う。

誰かがそれを必ず見ていて、僕の知らないところで神さまが働いてくださるんだから。  

shioyasign