★099:The Wooten Choral Ensemble/Lord We Give Thanks (2000)


Released by: Rewind Inc.

099jacket

Song List:

1. Psalm 47 - Sermonette
2. Sing Praises To Our God
3. Praise The Lord
4. Jesus Delivered Me
5. Isaiah 40 - Sermonette
6. There's A Blessing In Store For You
7. Jesus, O Precious Jesus
8. Jesus Is A Rock
9. Even Me
10. In Bright Mansions Above
11. Lord We Give Thanks To Thee
12. I Love To Praise Him


最近のコンテンポラリー・ゴスペルシーンではあまり知られていないかも知れない。
The Wooten Choral Ensembleは、Dr. Robert E. Wooten, Sr.によって1949年にChicagoで創設されたグループ。

彼はゴスペルクワイアのパイオニアであり、クワイアによる賛美の可能性というものを、多くのAfrican American達に気づかせてくれた偉人です。
僕は、Good NewsのChicagoレコーディングで、Dr. Wooten, Sr.(Papa Wootenと呼ばれてました)の息子であり、現在は、The Wooten Choral EnsembleのDirectorを努めているBobby Wootenにプロデュースを頼んだこともあり、彼らが歴史を作ってきたBeth Eden Baptist ChurchのEasterのコンサートや礼拝にも参加することができ、Dr. Wooten, Sr.ともお話しできて、本当に光栄でした。Easterのコンサートで、やおら立ち上がって、"Were You There?"をアカペラで歌い始めたご婦人の姉妹の歌声も忘れられない。

Bobbyが現在Music DepartmentのDirectorをしているTrinity United Church of Christの牧師でもあり、全米を代表するAfrican American Pastorの一人でもある、Reverend Dr. Jeremiah A. Wright, Jr.は、The Wooten Choral Ensembleについて、こう語っている。

「55年前、まだゴスペルミュージックが、マーケットもスターも持たず、ラジオや大学や黒人教会でさえ、堂々と歌われなかった時代に、Dr. Wooten, Sr.はThe Wooten Choral Ensembleを始めた。そして、その後多くのクワイアが生まれ、消えていった中、彼らは地道にいつも神に向かって誠実に大胆に賛美を捧げてきた。」

僕もすごいことだと思う。
今では、あのクワイアの次のアルバムはいつかな?とか、今年は誰が受賞したとか、そういう話しも普通になった。それは時の流れかも知れないけど、やっぱり、ゴスペルはゴスペルだ。神に向かって唄うもの。そして、その姿が人々にGood Newsを伝えていくわけだから。

M4. Jesus Delivered Meを、僕は自分のクワイアで唄っている。素晴らしい曲。
このアルバムはインディーズで手に入りにくいけれど、Jesus Delivered Meをぜひ自分のクワイアでも唄ってみたいという方は、webmaster@hushharbor.netまでメール下さい。何とかします(笑)。





[ 一覧 | 戻る | 次へ ]