★095:Speech/Love Life Music (2005)


Released by: Toshiba EMI/Fabulous Records

095jacket

Song List:

1. Like Marvin Gaye Said(What's Going On)
2. Clocks In Sync With Mine
3. Real Love
4. Across The Universe
5. Living In The Real World
6. A Traveler
7. Always In Love
8. Braided Hair
9. The Hey Song
10. Poor Little Music Boy
11. Love
12. Shine
13. No One Like You
14. Let's Be Hippies
15. Redemption Song


Hip Hopと言えば、ルースな服を着てスニーカーを履いて、ストリートなイメージ。

'90年代、そんなHip Hop界に、ストリートというよりガーデンとかパークという言葉が似合うグループが現れました。
Arrested Developmentは、SpeechのメッセージあふれるLyric、自分達のルーツを大切にするスタンス、人種や世代を越えたピースフルなイメージで新しいRap Musicを提示。

僕は当時、NYの大学に留学していたのですが、普段Hip Hopを聴かないようなインテリ大学生までもがArrested Developmentを聴いていたのを思い出します。

Speechは'96年にソロになってから、"Hip Hop/Soul系シンガーソングライター"という、ありそうで無さそうなスタンスを創り上げました。
力が抜けていて、いろんなスタイルが混在している。いい意味でとってもアメリカ的なアーティスト。

ソロアルバムでは、Christianとなった彼の信仰もナチュラルに歌詞に反映してます。あくまでも、一人のシンガーソングライターの日常としてね。
'00年リリースの『Spiritual People』を「神への探求を続ける人々、人生という川の流れの中を苦労して進み、間違いを犯しながらも真実を渇望してやまない人々のために書いた」と語るSpeech。
過去にBob Marleyがレゲエを通して彼の信仰を歌っていたように、彼はHip Hop/Soulをベースにした彼なりのゴスペル、Peace & Loveミュージックを歌ってるんだろうね。

PopでSpiritualなHip Hop。こんなスタイルはSpeechにしかできません。このソロ10周年アルバムは、とっかかりとしては気軽でいいんじゃない。

◆sampleをきいてみる? -> GO !



[ 一覧 | 戻る | 次へ ]