★046 (#008/revised):The Edwin Hawkins Singers/The Best of The Edwin Hawkins Singers-Oh Happy Day(2001)



Released by: BMG/Buddha Records
046jacket

Song List:

01. Let Us Go Into The House Of The Lord
02. Pray For Peace
03. Oh Happy Day
04. Joy, Joy
05. Give Me A Star
06. I Shall Be Free
07. To My Father's House
08. Someday
09. Jesus, Lover Of My Soul
10. Ooh Child
11. Precious Memories
12. Late In The Evening
13. A Long Way To Go
14. Blowin' In The Wind
15. I'm Going Through


#008で紹介していたEdwin Hawkinsのベスト盤が廃盤になってしまったという情報を聞き、何かオルターナティブはないかと探してみました。

これは昨年同じブッダレコードからリリースされたリマスター盤です。
ジャケットも前よりは暑苦しさが消え、典型的70年代風の写真になってます。(何故か緑の丘に一人立つEdwin)
選曲も全15曲と増え、旧ベストに収録されていた曲が5曲、その他オリジナルOh Happy Day収録のファーストアルバムを中心に10曲という内容です。

Lean On Meなどははずれていますが、僕はおすすめです。
というのも、Edwin Hawkins Singersの作品中一番生々しく、ファンキーな作品である彼らのファーストアルバム"Oh Happy Day"(全10曲)から8曲も聴くことができるからです。

#008の解説にも書きましたが、このTAKEはEdwinが1968年に自主的に録ったもの。古いレコーダーで熱い礼拝を一発録りしたこのテープをのちに大手レコード会社が買いとり、契約。60年代の終わりから70年代に入る過渡期に、彼らが一躍スターダムへ駆け上がるその最初の一歩でした。その後、商業的になってしまう時期もある彼らの作品のなかで、今も燦然と輝いている録音です。
聴いていると絵が見える。クワイアがのりまくってる姿が。

オリジナルのファーストアルバム自体はあまり見かけないので、こちらの方が他の曲も入っていて、入手しやすくお得なのではないでしょうか。もちろん好きな人はファーストアルバムも買いです。

その他に、Camdenというヨーロッパのレーベルから、The Very Best of The Edwin Hawkins Singersというベスト盤も出ているようですが、ファーストアルバムからは4曲にとどまっています。僕はこっちは聴いたことがないので何とも言えません。

僕は、Oh Happy Day/Joy, Joy/Let Us Go Into The House Of The Lord/To My Father's House/Jesus, Lover Of My Soul/I'm Going Throughあたりが好きです。

◆Amazon.co.jpへとんでsampleをきいてみる? -> GO !

recosellの紹介ページにとんでCD買っちゃう? -> GO !



[ 一覧 | 戻る | 次へ ]