★039:Jubilant Sykes/Wait For Me(2001)



Released by: Sony Classical
039jacket

Song List:

01. If I Should Fall Behind
02. John The Revelator
03. Have A Little Faith In Me
04. Love In Vain
05. Today
06. It Might As Well Be Spring
07. Ring Dem Bells
08. Angel's Lullaby
09. God Only Knows
10. Death Is Slow, Death Is Sure
11. Wait Till You See Her
12. Take It With Me


◆こんなに美しい作品は久しぶりだ。
Jubilant Sykesはオペラ畑のバリトン歌手。ソプラノシンガーが黒人霊歌を 唄った作品にはいくつか出会ったが、これはそれとも違う。
だいたいここで唄われてる作品は、厳密にはゴスペルソングではないものが多い。 しかし、僕に言わせれば、そしてJubilantに言わせてもきっと、ほんとうの意味での ゴスペルが唄われている。
愛とセンスと技術と情熱、その下に暖かいアメリカンミュージックという水が ひたひたと流れている作品を僕は愛している。

03. Have A Little Faith In Meのオリジナル・ヴァージョン。大学生の時に John Hiattのそれを聞いたときすでに、そういうものを感じてしまった。
上を向いて歩こうを唄ったときにも同じものを感じたということは、それはアメリカ を越えたものであることは確かだ。
僕はそういう唄に出会うとき涙が出てくる。いったいそれは何なんだろうという 抗いがたい欲求から、ここまで旅を続けてきた気がする。黒人文化研究、NYC、 バンド、ソングライティング、うたうということ、ゴスペル、信仰、ずっと つながってきている。感謝。

07. Ring Dem Bellsはボブ・ディランの唄。すばらしい歌詞。こういうのを聴くと この時代に音楽ができることがあると確信する。

ブライアン・ウィルソンの09. God Only Knowsを聴いて泣かないものはいないだろう。

しかし、10. Death Is Slow, Death Is Sureがこのアルバムの骨だ。人は少なくとも ブルースとゴスペルの壁なんて見えないところまで生き抜かなきゃならないことを 思い知らされる。

そしてなぜか自分の今までやってきたことに自信を持てる一枚。

◆Amazon.co.jpへとんでsampleをきいてみる? -> GO !

recosellの紹介ページにとんでCD買っちゃう? -> GO !



[ 一覧 | 戻る | 次へ ]