★032:Al Green/Greatest Gospel Hits (2000)



Released by: EMD/RIGHT STUFF
032jacket

Song List:

01.The Lord Will Make A Way
02. God Blessed Our Love
03. Straighten Out Your Life Lee
04. People Get Ready
05. Truth N' Time
06. Lean On Me
07. Higher Plane
08. Ocean Blue (I'll Rise Again)
09. I Close My Eyes And Smile
10. He Is The Light
11. Everything's Gonna Be Alright
12. Amazing Grace
13. Your Heart's In Good Hands
14. Chariots Of Fire
15. All We Need Is A Little More Love
16. Where Love Rules
17. The Spirit Might Come - On And On


◆soul musicを愛するもので彼の名を知らない者はいないでしょう。soulが好きで、Al Greenを聴いたことがなかったら、貴方はまだその世界のフルコースを味わったことがないといわざるを得ません。

Tarantinoの"Pulp Fiction"にもいい感じで使われていた"Let's Stay Together"に代表される、彼がHi-Recordsに残した名唱(いわゆる"Hi-Sounds")は、Sweet Soulの名曲チャートを作ったら上位を確実に独占するぐらいのもんです。

彼も他の多くのAfrican-American R& B singersと同様に、小さい頃から教会で歌い、Gospelにどっぷりつかって、そこから自分なりのスタイルを築きあげていったアーティストの一人であります。

前もこのコーナーで書いたと思うんだけど、彼らはSecular Music(世俗の音楽。つまりBluesとかR&B。「君を僕のモノにしたい」とか「ベイべー戻ってきておくれ」など、それは人生いろいろありますので。)とHoly Music(聖なる音楽。Gospel。かみさまへの手紙です。賛美といいます。)の間での葛藤に悩みながら、singerとしてのcareerを積んでいくことが多いのです。

Alは'70sの終わりにCincinnatiでStageから落下した経験を通して、Soulのヒット街道からGospelの世界へと立ち戻っていきました。Kirk FranklinもStageから落ちたことで、信仰を強めたって自伝に書いてあったし、Singerは一度落ちなきゃいかんのだろうか(笑)。いやあ、要するに、落下したにもかかわらず自分が救われたことを通して、感謝の気持ちを神さまに向かって歌っていこう、ということですね。

このアルバムは、そんなAl Greenの、Gospel界に立ち戻ってからの名曲を集めたGospel Bestです。改めて聴いてみると、メッセージはGospelでもサウンドはまさしく"Hi-Sounds"というものも多く、安心するとともに大いにしびれさせてもらいました。ぼくはこういうのが個性だと思うのです。Gospelはこうあるべきとか、何々はこうあるべきなんてものはぶちこわして、自分なりの声でスタイルでメッセージを伝えればそれでいいでしょう。そうじゃないとおもろくない。いろいろないと。それにかみさまはユーモアのセンス最高だとぼくは思ってます。まあ泣き笑いのなかに大事なことが隠されてるわけで。

おすすめです。ぜひ。



◆Amazon.co.jpへとんでsampleをきいてみる? ->GO !

recosellの紹介ページにとんでCD買っちゃう? -> GO !



[ 一覧 | 戻る | 次へ ]