★009:VA/M2K GOSPEL2000(2000)



Released by: Gospo Centric
009jacket

Song List:

Disc1: CONTEMPORARY

01. Stomp Remix/God's Property
02. God's Grace/Trin-i-tee 5:7
03. I'll Be Good/Gospel Gangstaz
04. Call His Name/Trin-i-tee 5:7
05. The Lord Strong And Mighty/Kurt Carr Singers
06. Power Of God/Stephanie Mills
07. Revolution/Kirk Franklin with Rodney Jerkins
08. Revolution/Kirk Franklin with Rodney Jerkins
09. Silver And Gold [Remix]/Kirk Franklin and The Family
10. My Desire/Kirk Franklin with Fred Hammond
11. Be Connected/Rev. Jackie McCullough with The Family, Lawrence Matthews & Papa San

Disc2: TRADITIONAL

01. Marvelous/Walt Hawkins
02. Keepin' Me Alive/Bishop Paul S. Morton, Sr.
03. For Every Mountain/Kurt Carr Singers
04. Just A Closer Walk With Thee/Bobby Jones with Maya Angelou
05. It's Right And Good/Walt Hawkins with Tramaine Hawkins
06. Shabach/Full Gospel Baptist Fellowship Mass Choir with Byron Cage
07. My Life Is In Your Hands/God's Property
08. Bow Down/Full Gospel Baptist Fellowship Mass Choir
09. Savior Do Not Pass Me By/Lawrence Matthews
10. Eagles Wings/Betty Griffin-Keller
11. Grateful/Full Gospel Baptist Fellowship Mass Choir


Kirk Frankilin所属のGospo Centric Records初のコンピレーションCD。Gospo Centricとその兄弟レーベルB-Riteの所属アーティストみんなで盛り上げてます。2枚組でContemporary DiskとTraditional Diskに分かれてるのがおいしい。ContemporaryのほうではやはりKirk Frankilinが出色。M-01, 03, 07, 09, 10とsinger/writer/producer/rapperといずれかの形で関わって、マルチな才能をみせている。M-11はレゲエゴスペルでかなりはまった。Papa Sanってのは古くから有名なJamaicaのDJ/rapperで'97からChristianとしてGospelのDJ/rapper(音楽的に変わってないだろう)として活動。いいよ。

実はぼくはBlack Contemporay, いわゆる打ち込みまくりのルースな最近のR& Bをほとんど聞かない。あまりおもしろくないからだ。そこに何らかの個性が出ていたり、曲が良くない限りは退屈に感じてしまうから。別に打ち込みが嫌いなわけではない。好きです。

Contemporary Diskを聞いててひとつ発見した。Kirk FrankilinとPrince(名前戻したんだよね。)のHornとBeatとChoirの使い方のセンスに共通点があることを。Princeはずっと大好きなんだけど、昔から感じてた彼の持ってるゴスペル感の源泉をKirk Frankilinを介在してかいま見たような気がした。(PrinceがよくやるDX-7的なシンセや恥ずかしいキメ、Funkものでのクワイアを使ったコールアンドレスポンスなどね。)ああいう基本的に恥ずかしい音色やアレンジでかっこいことをやるというスタンスは教会のクワイアの伴奏をするバンドのイメージだ!彼らはほぼ例外なく恥ずかしいことをやりながら本物のヴァイブを振りまいていてかっこいい。そういえばPrinceはGraffiti Bridge.Mavis Staplesを呼んで唄ってもらってたもんね。彼の中にはGospelがどっかと腰をすえている。


Traditional DiskではM-4が貴重。ここでは著名なAfrican-American PoetであるMaya Angelou(マヤ・アンジェロウ)がバンドの演奏の上で牧師がメッセージを語るように語りシンガーにつなぐ。マヤ・アンジェロウという人は多くの詩集を書いているけど、和訳されているものでは「歌え、翔べない鳥たちよ」 /矢島翠訳 - 立風書房, 1998. という自伝が一番有名かな?クリントン大統領の就任式で詩を朗読したり、最近は セサミストリートに出演したり、ウィノナ・ライダー主演の「キルトに綴る愛」に俳優として出たり、何かとメジャーな方です。
Traditional Discもどれもいい曲粒ぞろいなのだが、しかしここでもbestはと言われればKirkのM-7だな。曲がいいんだよ。songwriterとして優秀。
ともあれおいしい一枚です。ご堪能を。吉祥寺TOWER RECORDS/R& Bの棚の奥のGOSPELのブロックから購入。


◆Amazon.co.jpへとんでsampleをきいてみる? ->   GO !

recosellの紹介ページにとんでCD買っちゃう? -> GO !



[ 一覧 | 戻る | 次へ ]